2017年07月16日

監視社会と共謀罪

共謀罪の成立によって、いよいよ日本も世界に冠たる監視社会になったといえるのだが、監視社会は、個人のプライヴァシ―が侵害されると批判すると、やましいところがなければ監視されてもいいのではないかと反論される。また、そもそも監視社会といっても、自分には関係ない(自分にやましいところはないから)という能天気な人間(能天気な若者と書こうとして、愚かさに年齢の壁はないと悟ったのでやめた)は多い。


本日の報道番組で、スノーデンも日本の共謀罪では国民のプライヴァシ―は守られないこと、そして潔白な人なら関係ないということはナチスもプロパガンダで広めていたとインタヴューに答え、そして警鐘を鳴らしていた。


関係ない(潔白だから)というのは、国民のプライヴァシーがすべて開示されたとしても、犯罪者は困るだろうが、そうでない国民にとっては、なんら損失はないとしいう考え方であって、この場合、国民のプライヴァシーがすべて公になることは、よいことで、また悪い人でなければ、何ら問題ないということが前提となっている。このとき忘れられているのは、まさに盲点となっているのは、監視者は誰が監視するのかということである。


監視社会では監視者は、その立ち位置から、たんに透明で中立的存在であるだけでなく、超越的な存在とみなされ、そこからなんの根拠もなく善であるとみなされるのである。犯罪を取り締まる警察は、自然と、公正中立で不可侵な正義の体現者と想定されてしまう。これはポジションの問題であって、実際のところ、警察のなかにも不正はあるだろう。そしてそれが警察や司法組織だけでなく、政権全体となると、たとえば現在の日本の政権のようになること(腐敗と悪の巣窟みたいになることは)は、権力は腐敗する原則からすれば、当然のこととなる。そしてもしこの監視者を監視するシステムが完備しない限り、監視者側になれば、あとはやりたいほうだいである。監視者のポジションは、誰もみることができない完全な盲点となる。


もし監視社会が、すべてをすみずみまでまんべんなく監視する体制であるなら、その分、監視者だけが、この監視ネットワークの埒外に置かれることになる。完璧な盲点である。つまり監視システムは、誰にも邪魔されない、つまりやましさマックスの独裁権力を誕生させることになる。


共謀罪も同じである。改憲勢力というのは、日本の政体を根底から覆そうと、まさに共謀している勢力で、自民党と、その協力政党、さらには極右団体など、どうみても共謀罪で逮捕されても当然の、ならず者集団、国家転覆をはかるテロリストといてもいいだろう。だが、共謀罪は、彼らに適用されない。彼らを共謀罪で裁くことができない。とりわけ既存の政党関係者は完全に共謀罪の埒外にある。そしてまた共謀罪は、権力者の独裁(と腐敗)に対しては適用されないのである。共謀罪をつくった共謀者たちは、この共謀罪から免れているのである。


そして監視社会は、絶対にプライヴァシーを開かされることのない犯罪者、監視者という犯罪者を野放しにするだけでなく、このやましさマックスの犯罪者に絶対的権力を与えるのである。


おそらくこれがファシズムというのものだろう。

posted by ohashi at 17:12| エッセイ | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

年齢確認

以前、上野の美術館のどれだったか忘れたが展覧会の入場券を購入するために窓口前に並んだが、私とは別の窓口の列に並んでいた男性が、入場券を購入するとき、年齢のわかるものをみせるようにと言われ、腹を立て、吐き捨てるように「見ればわかるだろう」と窓口の女性に言って、なにもみせずに入場券を手に展覧会会場に向かったのをみたことがある。


その受付の女性は、おびえたような、バツの悪そうな表情をしていた。


だが彼女が悪いことをしたわけではない。そのクソジジイが横柄きわまりないのであって、もし私がすぐ後ろに並んでいたら、つべこべいわずに見せればいいんだよ、このクソジジイとまでは、まあ怖くて言わなかったと思うが、窓口の女性に、あれはみせるべきですよね、規則だから、なんだあの威張りくさったクソジジイ、あんなやつ死ねばいいの。もう何を言われても気にすることはないですよと、そのクソジジイの姿が見えなくなってから、こそこそと受付の女性につぶやいていたかもしれない。あいにく窓口がちがったので、それはできなかったのだが。


その窓口の女性を責めないでほしい。美術館なので、65歳以上が割引になり、年齢確認が必要になる。65歳より上か下かは、けっこう線引きがむつかしい。自己申告だけでは信用できない。年齢確認が必要となる。実際、その男性は、その時も今もまだ65歳ではない私とくらべても、けっこう若く見えた。私よりも若くみえたことは確か。だから年齢確認は、必要だったのだ。みればわかるという問題ではなかった。65歳以上かどうか、そのときは見てもわからなかったのだ。


それに、その時の受付の女性は、若くて聡明そうな誰が見ても美人だった。そんな彼女を叱るなんて、地獄におちるぞ、その自称65歳以上男め。


と、こんなことを思い出したのも、610日の夜、コンビニ(住所は正確にはわからないが、その地区の最寄りの駅はJRの新検見川)でアルコール飲料を購入したら、セブンイレブンの店員から、年齢確認をお願いしますと言われたからだ。


え、


年齢確認をお願いします。


え、


年齢確認をお願いします。


あのどうやれば年齢確認ができるのか、身分証でも見せるのかと、どうだったかわからなくなって混乱しそうになったそのときに、レジの下部にあって客側に向いている画面にタッチすればいいことを、まさにその画面をみて思い出した。一瞬ドキドキしてしまった。


だがそれにしても、おいおい、見ればわかるだろう。私をみて60歳か65歳かは、見てもわからないとだろうが、未成年ではないことぐらい、見ればわかるだろう。あとで周囲に、なんで私が年齢確認なんだと、さんざん愚痴ったら、まあ、そういう規則なのだから、店員も規則通りに年齢確認の声をかけただけれだから、かっかしないでと言われた。だが、これこそ、見ればわかるだろう。私は地獄に行くべきクソジジイなのか。


まあ気持ちは若い。気持ちはいまでも10代の少年の頃と変わってはいない。歳はとったが、精神は15.16歳の少年と同じだと思う。私は精神年齢的には、いまも未成年だ。それが見抜かれたか。そんなことはないだろう。

posted by ohashi at 15:25| エッセイ | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

祖母と将棋

藤井四段の活躍が世間をさわがせているようだし、たとえばネット上にはこんなコメントが紹介されている。


その強さを、40年間真剣勝負を見続けてきた将棋写真家の某氏がこう語る。「彼は将棋を始めた最初の頃からコンピューター将棋に親しんできた新世代です。師匠や先人の戦術を地道に踏襲するといったそれまでの世代の成長の仕方とは違い、一貫して合理的です。『黒船が来た』と、多くの棋士たちが戦々恐々としていることでしょう。


もしこれが本当なら、たぶん本当ではないと思うので名前は伏すが、この将棋写真家(というジャンルのプロがいることを初めて知ったが)は、何もみていないくて、幻想を語っているようだ。というのも、たぶん、これも本当かどうかわからないのだが、こんなコメントがネットにあるからだ。


藤井四段は、5歳のとき祖母が買ってきた「スタディ将棋」という玩具に興味を示し、あきずに祖母と遊んだ


藤井君が将棋を始めたのは5歳。祖母が持ってきた「スタディ将棋」という、子供には難しい将棋の駒の漢字を、動き方が矢印で書いてありわかりやすく遊べるという玩具がきっかけだと言う。


お婆ちゃんに連れられて通い始めた将棋教室では、まず「詰め将棋」を解いたり「駒落ちの定跡」を覚えたりといった勉強をしたそうです。


将棋教室なのかスタディ将棋という玩具なのか、テレビでは将棋ソフトとか言っていたが、真相は不明。ただ、ご両親は将棋とは無縁で、祖母が将棋の手ほどき、もしくは将棋に興味をもたせたということが言われている。


これだって本当はどうかわからないのだが、祖母の存在が大きかったことはわかる。そこになにか説得力を感じてしまう。


ある時、別の大学の先生で、将棋とかチェスがプロ級の腕前の先生に最初誰に将棋をならったのかと聞ことがある。そうしたら祖父だという。そう、私たちの世代で将棋というのは、子供の頃、親とか兄とか姉に手ほどきを受けたのではなく、祖父母に手ほどきを受けた者がけっこういる。その先生の場合、祖父だったが、私の場合は祖母だった。そして藤井四段の場合も、祖母の手ほどきがあったようだ。


将棋教室か、将棋玩具か、将棋ソフトかわからないないが、藤井四段の祖母は、将棋を知っていたはずで、孫と将棋で遊ぼうとしたという可能性が高い。


私の場合も祖母が私に将棋を教えた。私の両親は、たぶん将棋を知らなかったと思う。で、どうなったのか。私は祖母から将棋のルールから定石をいくつか教わった。しかし私の祖母は、ほんとうに性格が悪くて、負けず嫌いなのかサディストなのかわからないが、子供相手の将棋で絶対に負けない。子どもの私は、いつも将棋で、徹底的に打ち負かされるか、もしくは瞬殺された。子ども相手なのだから、ときにはわざと負けてやるとか、そうやって子供をよろこばせるとかいう配慮などまったくない、ほんとうにク*ババ*だった。たんなる意地悪****でしかなったような気がする。


その結果、さすがに私はいつまでたっても勝てない将棋が嫌になって、祖母と将棋で遊ぶことはやめたが、ルールは記憶しているし、いくつかの定石も記憶している。ただ将棋はトラウマになっているので、自分からすることはないし、私の将棋のノウハウは子供の頃で止まてちるので、誰とやっても勝てないだろう。だから面白くもないだろう。。


ということで、私の祖母が、負けず嫌いではなくて、もう少し人が良かったら、べつに私が藤井四段のような天才将棋士になっているとまではいわなくても、へぼ将棋でも楽しめていたのではなかったかと思う。藤井四段の祖母のほうが、私の祖母よりの人間が上だったし、たぶん愛情も私の祖母よりも強かったのだと思う。

posted by ohashi at 22:09| エッセイ | 更新情報をチェックする