2017年07月31日

常時点灯

私の住んでいる団地では一階にある郵便物用のボックス・ロッカーのあるスペースの照明の節電化がおこなわれていた。3.11の震災以降。つまり電力が足りないので、節電のため、こまめに照明を点けたり消したりしましょうということになった。そのため昼も夜も、郵便ボックスのコーナーを利用するときには、自分で照明スイッチを点灯し、それ以外のときにはこまめに消灯するということになった。そうなってから56年たったので、それ以前つまり3.11以前はどうだったのか、記憶になくなっている。


基本的に昼間、とりわけ冬とか夏は、電力消費が多いので、郵便物コーナーは消灯する。利用するときはそのつど点灯する。夜も原則として消灯しておき、利用するときはそのつど点灯することになった。しかし夜、消灯するのは防犯上好ましくないと私は考えてきた。


3.11直後、節電が叫ばれていた頃、ニュース番組で、バカなコメンテイターが、夜、これまでのように街路灯などの照明をつけておくこと節電のためなくなったことに触れて。街全体が薄暗くなったものの、ヨーロッパの街のように、雰囲気のある街にかわったということでもあって、良いじゃないですかと語っていた。バカと言ってやりたかった。なぜならヨーロッパの街は、夜は薄暗い、だから犯罪も多い。それに対して、夜、ヨーロッパよりもはるかに明るいに日本の都会は、そのぶん犯罪も少なく安全性で世界の他の都市を上回っている。


夜、煌々と照明が輝いているのは、電気の無駄遣いのイメージが強い。しかし電力は貯蓄できない。もし貯蓄できるのなら深夜、電気を使わないようにして、たまった電気を昼間使ってもいいだろう。それはむりなのだ。そのため深夜電力は、使う人が少ないので、無駄につくって消えていくだけです。だからつねに深夜電力の利用が叫ばれてきた。深夜には、防犯のためにも照明のために電気を使ったほうがいいのである。それに深夜料金は安い。


ところが団地には、昼間、郵便物コーナーの照明をつけたままにし、夜になると消すという本末転倒なことを平気でする輩がいた。私は帰宅するときが遅くなって、郵便コーナーの照明が消えていると、明かりを点けておいた。誰かにその行為を非難されることはなかったが、もし見とがめられて何か言われたら、防犯のためにも夜、照明をつけておくべきっだというのが自分の考えなのであり、信念に従って電気を点けている。ただし深夜電力が安いからといっても夜も節電しておいたほうがいいという考え方もある。だから、わたしが点灯した照明を、あなたが消しても、それについては見解の相違なので文句は言わないし、またあえてもう一度点灯はしない。しかし、私には信念があるので、気づいたら夜の照明は点灯すると答えるつもりだった。


で、どうなったのか。最近、照明がLED照明に変わった。そして常時点灯となった。点灯スイッチは押してはいけないことになった。こうして昼も夜も、郵便ボックス・コーナーは明るく輝き続けている。そのほうが防犯にいいしということで、文明の進歩(とはいえ LED のおかげだが)によって、問題はあっけなく解決したのであった。


posted by ohashi at 10:36| コメント | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

中嶋しゅう氏追悼

中嶋しゅう氏は。今月76日に東京芸術劇場シアター・ウェストでの公演『アザー・デザート・シティーズ』で、舞台から客席に転落し、病院に搬送されたが同日22時頃に亡くなられたとのこと。最初は舞台からの転落事故で死亡かと思われていたが、舞台上で急性大動脈解離を発症したことが死因だったようだ。


翻訳劇をよく見ている私としては、昨年は、中嶋しゅう氏の舞台を、『あわれ彼女は娼婦』(新国立劇場中劇場)『いまここにある武器』(シアター風姿花伝)『ヘンリー四世』(新国立劇場中劇場)とみてきただけに、その死が悔やまれる。実は勘違いして今年のKAATの『春の目覚め』にも出演されていたと思い込んでいたのだが、出演していたのは大鷹明良氏であった。ただ二人は似てはいないのだが、風貌、性格付けなど同じタイプといえなくもなくて、翻訳劇を見に行けば、なんとなく中嶋しゅう氏に会っているような錯覚を覚えた。それほどまでに中嶋しゅう氏は、出演していると、その劇作品が一挙に緊迫感と立体感を増すような、珠玉の俳優だったし、同時に、どんなにつまらない作品でも中嶋氏の存在が、その作品を重厚な傑作にするようにも思われたのだ。7月は忙しすぎて、『アザー・デザート・シティ』を観劇予定からはずしていたのだが、また初日に行くことはめったにないのだが、目撃していたら、ショックが大きすぎて、こちらもどうかなってしまっていたかもしれない。本日葬儀がいとなまれたとのこと。謹んで哀悼の意を表したい。


posted by ohashi at 22:48| コメント | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

暴言国会議員2

追記

今回のコメントは、豊田議員の離党が、安倍政権の数々の不祥事あるいは問題から目をそらすための口実にすぎないということだったが、実際には、安部一強政治のもたらす弊害として、今回の事件をとらえ、都議選にとっての逆風であるという評価がされていて、ちっとも目をそらす口実になっていないのではと思われる。


しかし安倍政権、内閣府の策謀あるいは印象操作を甘く観てはいけない。政権にとって不利になるようにみせかけて敵を倒すことは、日常的に行われる。肉を切らせて骨を切る戦略である。今回、自民党の女性議員の不祥事を示すという肉を切らせて、なんの得があるのか。内閣府は策謀に長けているが、同時に、内閣府でうごめいる警察公安官僚の頭のなかは、思想的に保守反動である。


たとえば女性について古いイメージしかもっていない。つまり女性が高い地位に就く、指導的役割につく、たとえば国会議員になる、そうするお秘書を顎で使うようになる。するとこれだ。


女性は指導者、上司にはなれない。いくらエリート官僚から議員へと転身しても、ヒステリックで、前後の見境がつかなくなる。女性は、指導者として不適切である。このことを示すために、読売新聞と同じく自民党の御用メディアである週刊新潮に材料を提供した。


たとえば小出恵介事件では、相手の女性に対して美人局、ハニートラップではないかとバッシングしていのに対し、この無能な秘書に対して、無能さを装ったスパイではないかというようなバッシングはなされていない。


スパイだからであろう。そして最終的、高い地位の女性、女性指導者に対する負の印象ができあがれば、それで印象操作は完了する。女性指導者は決断できない。決断してもろくなことにならない。女性はヒステリックである。この印象操作のターゲットが都議選の有権者であることは、まちがいないだろう。


実際、小池知事を貶めるような印象操作を内閣府がおこなっていることは指摘されている。


posted by ohashi at 21:40| コメント | 更新情報をチェックする