2017年08月13日

『少女ファニーと運命の旅』第0回

この映画について、5つの面から考えていきたい。予告編である。


1)長距離踏破 『ファニー13歳の指揮官』という翻訳も岩波少年文庫から出版されたばかりだが、ある種の児童文学的味わいがあって、子供たちだけの長い距離を踏破する逃避行の実録物語といっていいだろう。子どもや子供たちが長距離を踏破する物語としては『クオレ』にある、いわゆるイタリアから南米までの「母を訪ねて三千里」をはじめとして、いろいろある。ただそれらは植民地主義とも連携していて、今回の映画とは違う。


2)敵中突破 この映画の子どもたちの逃避行は、ユダヤ人の子供立ちが中立国スイスへの逃避行でもあって、自由と解放を求める旅である。まわりにはドイツ兵がいっぱいいる。というかドイツ占領地域あるいはナチス政権に協力したフランスのヴィシー政権下での逃避行である。そしてこれはこの種の逃亡劇の王道でもある、敵中突破物である。とりわけ幼い子供たち、リーダーは13歳というのは、心もとないことこの上もない。成功の確率はゼロに等しい。にもかかわらず、主人公の彼女はメンバーを助け、また助けられ、成長してゆくという感動の物語となる。


3)少女物 ちくま学芸文庫書下ろしとして、池上英洋・荒井咲紀著『美少女美術史』がこの6月に刊行された。私が購入したのは630日刊行ですでに第二版だったが、映画においても、これは誰でも気づいていることだが、少女は特権的な立場にある。『美少女映画史』が書かれておかしくないのであって、この『ファニー』も少女物の映画として、まさに映画の王道をいくものである。この少女物としての映画も無視することはできない。


4)黒歴史 この映画の主題は、ヴィシー政府が、ナチスに協力してユダヤ人迫害をしたことである。ホロコーストはドイツ人の事件だけではない。フランス人も、あるいはナチス占領下でのヨーロッパ全土(実はスイスも例外ではなかった)でホロコーストに協力した。このヨーロッパの黒い歴史の掘り起こしが20世紀世紀末からおこなわれてきた。たとえばジャン・レノ、メラニー・ロラン主演の『黄色い星の子どもたち』などが典型の映画だが、そこでは、フランス人がホロコーストに協力した事実が赤裸々に描かれていた。


5)善き人 この映画には、これと関連して、もうひとつの裏のテーマがある。それはナチス占領下でもユダヤ人を直接、間接的に助けた人たちもまたいたということだ。これは、いっぽうで、ホロコーストに協力したフランス国民の罪を軽減する口実にも使われかねないという危険性がある。ただ、救う人、「善き人」「正義の人」のテーマは、ナチスへの抵抗のテーマとともに、いま重要なテーマとして踊りでた気がする。


こうした点を考えてみたい。予告編である。

posted by ohashi at 13:24| 映画 | 更新情報をチェックする