2017年07月31日

常時点灯

私の住んでいる団地では一階にある郵便物用のボックス・ロッカーのあるスペースの照明の節電化がおこなわれていた。3.11の震災以降。つまり電力が足りないので、節電のため、こまめに照明を点けたり消したりしましょうということになった。そのため昼も夜も、郵便ボックスのコーナーを利用するときには、自分で照明スイッチを点灯し、それ以外のときにはこまめに消灯するということになった。そうなってから56年たったので、それ以前つまり3.11以前はどうだったのか、記憶になくなっている。


基本的に昼間、とりわけ冬とか夏は、電力消費が多いので、郵便物コーナーは消灯する。利用するときはそのつど点灯する。夜も原則として消灯しておき、利用するときはそのつど点灯することになった。しかし夜、消灯するのは防犯上好ましくないと私は考えてきた。


3.11直後、節電が叫ばれていた頃、ニュース番組で、バカなコメンテイターが、夜、これまでのように街路灯などの照明をつけておくこと節電のためなくなったことに触れて。街全体が薄暗くなったものの、ヨーロッパの街のように、雰囲気のある街にかわったということでもあって、良いじゃないですかと語っていた。バカと言ってやりたかった。なぜならヨーロッパの街は、夜は薄暗い、だから犯罪も多い。それに対して、夜、ヨーロッパよりもはるかに明るいに日本の都会は、そのぶん犯罪も少なく安全性で世界の他の都市を上回っている。


夜、煌々と照明が輝いているのは、電気の無駄遣いのイメージが強い。しかし電力は貯蓄できない。もし貯蓄できるのなら深夜、電気を使わないようにして、たまった電気を昼間使ってもいいだろう。それはむりなのだ。そのため深夜電力は、使う人が少ないので、無駄につくって消えていくだけです。だからつねに深夜電力の利用が叫ばれてきた。深夜には、防犯のためにも照明のために電気を使ったほうがいいのである。それに深夜料金は安い。


ところが団地には、昼間、郵便物コーナーの照明をつけたままにし、夜になると消すという本末転倒なことを平気でする輩がいた。私は帰宅するときが遅くなって、郵便コーナーの照明が消えていると、明かりを点けておいた。誰かにその行為を非難されることはなかったが、もし見とがめられて何か言われたら、防犯のためにも夜、照明をつけておくべきっだというのが自分の考えなのであり、信念に従って電気を点けている。ただし深夜電力が安いからといっても夜も節電しておいたほうがいいという考え方もある。だから、わたしが点灯した照明を、あなたが消しても、それについては見解の相違なので文句は言わないし、またあえてもう一度点灯はしない。しかし、私には信念があるので、気づいたら夜の照明は点灯すると答えるつもりだった。


で、どうなったのか。最近、照明がLED照明に変わった。そして常時点灯となった。点灯スイッチは押してはいけないことになった。こうして昼も夜も、郵便ボックス・コーナーは明るく輝き続けている。そのほうが防犯にいいしということで、文明の進歩(とはいえ LED のおかげだが)によって、問題はあっけなく解決したのであった。


posted by ohashi at 10:36| コメント | 更新情報をチェックする