2017年07月10日

『ジョン・ウィック 第2章』

前回、『ジョン・ウィック』はどんな内容だったか、必死で思い出すことにした。詳しいあらすじ紹介を読みながら。とはいえ細部は憶えていない。前回、鉛筆一本で人を殺していたかどうか、思い出せない――まあ、割りばしか箸一本で人を殺すというのは、北野監督の『アウトレイジ』がそうだが、あの映画では鮮明に覚えているのに。あと「また、会おう」というのがキーワードみたいなのだが、前回、最後がどうなったのかよく覚えていない。ロシア。マフィアのボスをロシアまで行って殺してきたと覚えていたのだが、どうもあれは、『イコライザー』の最後と勘違いしていたようだ。では、『ジョン・ウィック』はどうだったのか。たしか犬用の薬品を自分に注射して一命をとりとめ、殺処分か実験用の犬を連れて帰ったことまでは思い出した。ロシアのマフィアのボスは、殺したのだったか?


ネット上には


この映画の見どころはキアヌさんのアクションと演出効果の芸術性だと思います。

 1作目でのクラブの銃撃戦で青いライト に光る壁にバタバタと人が倒れて血が飛び散るシルエットはもはやアートのようでしたし、今作は舞台がローマなので、イタリアの彫刻だったり、噴水だったり、景色の背景がすでに芸術なのでそれをバックにした人々の様々なやりとりは見ものですよ!


というようなコメントがあって、このコメントの主は、プロかと思われるほど鋭いのだが、あるいは監督の芸術性重視とか、先行作品のオマージュということは定着した評価でもあるので、ひょっとしたらそんなに珍しくない反応なのかもしれないが、前作との共通性について、私から付け加えるのなら、肉体的に「痛い」という特徴がある。


キアヌ・リーヴズが無傷で活躍して人を殺しまくるというのではなくて、満身創痍状態で逃げ周り、殺しまくるというのは、まさに、そこもねらい目なのだろうが、けっこう観ていて痛い。肉体的な痛さが伝わってくる。もちろん、ある意味不死身の主人公なのだが、同時に、安定して歩くことすらできず、ずっと傷を負っていて、ほぼ全編、苦しくて顔をゆがめ体の一部を手で押さえ、体を傾け脚を引きずり出血しつつ、でも殺しまくるという、傷つくことで前景化される肉体も特徴のひとつであろう。


おそらくこれは、アクション映画に数多く出演していながら、いまや50歳代になったキアヌ・リーヴズ自身のアクションが、やはり切れを失ってしまうせいだろうか。群衆のなかで的確にボディーガードや刺客だけを殺すというのは、たとえば『コラテラル』におけるトム・クルーズが演ずる殺し屋の動きと比べれた場合、残念ながら、やや劣るといわざるをえない(ちなみに地下鉄の座席に座って殺し屋が死ぬというのは『コラテラル』が入っているので、『コラテラル』へのオマージュもあるのだろう)。そのためにも動きの鈍さを、本人が傷を負っているという設定によって隠しているのかもしれない。


しかし同時に、それはたんにいいわけではなく、主題的にも関係してくる。それは、本人、心身ともに、満身創痍状態であることの暗示でもある。そもそもロシア・マフィアから取り戻した車も、結局、壊れる寸前のボロボロ・ガタガタ状態なのだが、あの高級車の無残な姿こそ、主人公の心身の今が集約されているのだろう(たとえ取り戻したいのが車そのものではなく、中にあった亡き妻の思い出の手紙であったとしても)。


そしてそこに、殺しの掟が関係してくる。契約の束縛とか契約による保護を設定とするこの作品世界においては、まさに裏社会・闇社会においても、法と秩序が支配していることを示しているが、それゆえに殺し屋の掟が重要になる。『ブラッド・ファーザー』あるいは『ローガン』のところでも述べたが、またとりわけ『ローガン』における映画『シェーン』のいう一人でも人を殺したら永遠に殺人者の汚名がついてまわるという殺しの掟は、『ジョン・ウィック』では、これほど、殺しまくっていれば、なきに等しいだろう。しかし、契約とか掟の重視、そして、これほどの殺しの代償も支払わねばならないというのが、この作品世界とは別個かもしれないが、常識的な世界観のひとつでもあろう。しかも彼がなにかを守っているのならいいのだが、それもない。愛する妻は殺された、その遺品すら今回は消滅する以上、彼にとって守るのは犬一匹なのである。


彼と観客をつなぎとめているのは、Saving the Dogでしかない。なおこのSaving the dogSaving the catのヴァリエーションだろう。


となると第三作はどうなるのか。今回は、たとえばローレンス・フィッシュバーンは、いったい何のために出てきたのか、よくわからない。イタリアのコンチネンタル・ホテルの支配人にフランコ・ネロが出てきたときは驚いたが、彼は、次の作品に出番はないだろうが、フィシュバーンはなやらしでかそうである。実際、終わり方も、まさにTo be continuedというかたちだったから、ジョン・ウィックの運命は、次にもちこされるのだろう。


そこで今回中心的なのは、命を狙われて助からないと悟った女ボスが、自らの手で、両手首の動脈を切って、殺される前に死ぬことである。これまで自分の流儀で生きてきたのだから、死ぬ時も自分の流儀で死ぬのだと言い残すのだが、おそらくこれはジョン・ウィックの行動も暗示しているのだろう。


すべてを失って、全世界を敵に回した彼は、結局、死に場所を求めているのだが、同時に、自分の手でみずからの死を演出したいと望んでいる。まさに死のアーティスト。芸術的な殺人場面の構築に全力を注いでいるようにみえる映画(今回は、鏡の間での殺し合いが後半登場するオーソン・ウェルズの映画のような/ブルース・リーの映画のような)であればこそ、主人公もまた、自分の死の芸術作品化をめざしているかのようだ。


次回作をお楽しみにということか。


posted by ohashi at 22:31| 映画 | 更新情報をチェックする